ByTheWind

左バナーがリンクボタンになっています
  住吉漁業株式会社。遠洋マグロはえ縄漁船に一等航海士として乗船。2020〜勤務。
持続可能な漁業を目指し、海鳥やウミガメ混獲防止など自然環境に配慮した取り組みを
積極的に行っています。
   一般社団法人グローバル人材育成推進機構「帆船みらいへ」事業部。2014〜2020勤務。
ある時は船員、ある時は営業。日本初となる民間での帆船事業継続の為に頑張りました。
リザーブドクルーズ。2010〜2014勤務。2011よりKMC横浜マリーナ支配人(船長兼任)。
横浜赤レンガ桟橋を中心とし、東京湾を中心に各種クルーズを行う会社。
カフェシップ、探検クルーズ、水上タクシー、ジャングルクルーズ、アドベンチャークルーズ他。
1984〜1993の間、私が乗船勤務していた船員養成機関(当時、航海訓練所。現海事教育機構)
当時の運輸省所属。運輸技官として甲板部に在籍していました。
帆船日本丸、帆船海王丸、青雲丸、北斗丸、銀河丸に乗船。
1984年卒業。専科航海科です。
当時は「国立波方海員学校」という名称で、男子ばかりの全寮制でした。
愛媛県越智郡にあり、目の前が来島海峡。近くには今治市があります。
1989年の横浜博覧会期間を含み1年半の間、
横浜市港湾局に出向し日本丸記念財団指導部に勤務しました。
横浜市みなとみらい地区にあり、桜木町駅前の好立地です。
  一般社団法人スピリット オブ セイラーズ。日本一楽しい航海をする帆船乗り集団。
帆船みらいへで同乗していた航海士、山本海(カイ)君が代表を務めるユニークな団体。
帆船みらいへ、帆船Ami、セイリングカッターボート他、楽しい活動を応援中。
  アイ・サーチ・ジャパン(国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター)は
〜イルカ・クジラが好き、だから彼らが暮らす海の自然を大切にしたい〜
そんな思いからイルカ・クジラと自然の素晴らしさ・大切さを伝える環境団体です。
ボランティアSTAFFとして不定期に活動中。
  帆船Ami。沼津発、駿河湾を走り抜けるトップスルスクーナー。
2018夏、麗水(韓国)〜ウラジオストック(ロシア)の国際レースで2位。
溜光男船長はPW(環境教育)指導者講習を受講頂いたエデゥケーターです。
帆船はもちろん、世界の海や船をモチーフにした海洋写真家、中村庸夫さんのページ。
私は帆船日本丸の遠洋航海で御一緒し、ハワイに共通の知人が居た事から一緒に食事
をさせて頂いたりしました。NPO事務局時代にも海事思想普及活動に御協力頂きました。
内外の帆船、帆船レース、イベント、海をテーマにした本や海洋博物館などの情報を提供。
ブログ形式なので、お気に入りの記事を見つける楽しさもあり。
ソルティーフレンズというネーミングが素敵。現在、代表わがちゃんとお友達させて頂いています。
※黒姫高原は長野県北部に位置し、私が1993〜2010年までの17年間を過ごした自然豊富な素晴らしい場所です。
2006〜2010の間、私が支配人を勤めた信州黒姫高原のペンション&コテージ。
現在は団体グループのペンション貸切がお勧め。ゲレンデサイドのログハウス。
野尻湖畔には直営マリーナがあり、ボート管理、小型船舶免許教室など実施。
2003年、佐久市の伴野酒造さんの協力で、私が耕作した黒姫高原産の新そばのみを使い、
蕎麦8割、米麹2割だけを使った究極のそば焼酎が出来ました。乾燥も天日にこだわり、
最高級の霧下そばのみを使用。作家のCWニコル氏(2020没)も絶賛。
時代の流れと共に製造は終了しましたが、「黒姫乃花」として心意気は受け継がれています。
黒姫高原、野尻湖のある信濃町では、森林セラピー基地として様々な取り組みを行政と協力
しながら進めています。信濃町独自の認定制度「森林メディカルトレーナー」があり、信濃町
を訪れた人がより効果的に森が持つ自然治癒力を取り入れ、持ち帰れるお手伝いをします。
アメリカ生まれの環境学習プログラム「プロジェクト・ワイルド」。日本には1999年に導入され、
環境省環境教育人材育成等事業発足時より認定され、多くの指導者養成講習会が開かれ
ています。私は環境教育上級指導者(PW、S&C)を取得し各指導者養成講師を担当しています。
日本では1995年にPAJが発足し活動開始。「冒険教育」の代名詞的存在で、チームチャレンジ
と呼ばれる事もある。効果的にコミュニケーションを高める数々の手法とアクティビティがあり、
ロープスコースと呼ばれるエレメントが有名。基は帆船教育が発祥と言わている。AP修了。

Bythewindホームページ

ByTheWindメール
メールはこちら
Copyright(C)2010 Hiroshi Sakoda All Rights Reserved.